Top > GOLD編集部 > より深く“食”を楽しめる、新しいビストロの形、「Pirouette(ピルエット)」に行ってきました!
LINEで送る

GOLD編集部

2015/07/16 UP より深く“食”を楽しめる、新しいビストロの形、「Pirouette(ピルエット)」に行ってきました!

LINEで送る
昨年秋、虎ノ門ヒルズにオープンして以来、ずっと気になっていたフレンチ「ピルエット」へディナーに行ってきました。
150715_mt_01
エントランスを入ると、予想以上に広いスペース。オープンキッチンを真ん中に、ビストロ、カフェ、エピスリーの3コーナーに分かれています。今回は奥のビストロへ。カジュアルな雰囲気ながら、お客さまは大人ばかり。大人が気軽に、本格的なフレンチとワインを楽しめる、こんなスペースがオフィス近くにあるなんて、虎ノ門ヒルズの人々はうらやましいな、なんて思いながらお料理スタート。
冷たい前菜、温菜、メイン、カフェ、プティフールのプリフィクスでコースをいただきました。

150715_mt_02

前菜に選んだのは、オマール海老のロティ フロマージュ、狼桃、ペコロス添え。
狼桃はトマトの一種、彩り鮮やかでさっぱりといただける一品。



150715_mt_03

温菜はこのお店で一番人気と聞いたジャンボマッシュルームのグラタン。
ボリュームはありながら、優しいお味でペロッと食べられます。



150715_mt_04 メインは茨城産梅山豚のロティ ビーツのピューレ。オマールと同じく、火入れ加減が絶妙。ほのかに甘いビーツのピューレとの相性もいい。一緒に行った友人の魚料理も味見しましたが、そちらも火入れ加減が素晴らしく、オープンキッチンできびきびと仕事をする小林シェフの「素材を生かす」というモットーを強く感じられました。小林シェフは、日本でのラム肉の需要を盛り上げるべく「ラムバサダー」のひとりに任命されたそう。次回はぜひラム料理にもトライしたいです。

150715_mt_05デザートはコースと別にオーダー。ピルエットでは、月替わりで内容の変わるカキ氷を出して評判になっているとか。7月はフレッシュメロンとペルノリキュールを使った美しいかき氷「ペシェ ミニョン」。
食べ進んでいくと、中から濃厚なミルク アイスクリームが登場!

ワインはフランスワイン限定で約150種類800本がセラーにキープされ、 ソムリエが料理に合ったサジェスチョンをしてくれます。 また、こちらでは岩手の食材を多く使っていますが、南部鉄器も多用。 モダンで軽やかなお料理を引き立てています。
12

この記事は全2ページです。

LINEで送る
一覧へ戻る
16_ティファニー
KG
GOLD最新号
詳しく見る
160205_cover

2016年3月号
定価840円(本体778円)

購入する
GOLD 編集部
@GOLD_hensyubu

GOLD 最新号情報

ページのトップへ戻る
© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.