Top > GOLDカルチャー担当 山路美佐の食べる、旅する、仕事する。 > > パリの人気のブーランジェリー 「デュ・パン・エ・デジデ」が日本に!? ―「リチュエル パー クリストフ・ヴァスール」
LINEで送る

GOLDカルチャー担当 山路美佐の食べる、旅する、仕事する。

2015/09/30 UP パリの人気のブーランジェリー 「デュ・パン・エ・デジデ」が日本に!? ―「リチュエル パー クリストフ・ヴァスール」

LINEで送る

さて、お目当てのヴィエノワズリー専門店があるのは自由が丘。 新しい真っ白なビルの一階です。05FullSizeRender その奥に、目指すお店「リチュエル パー クリストフ ヴァスール」がありました。 店内に入ると、パンの焼けるいい匂いがふわりと鼻をくすぐります。 10_18A6135_2 厨房から、ブーランジェのクリストフ・ヴァスール氏が出迎えてくれました。 01IMG_8978 さっそく、なぜ日本に自身のお店を出すことになったのか突撃取材。
「日本に店を出すことになったのは、本当にタイミングがよかったから。僕は、パリの「デュ・パン・エ・デジデ」と同じコンセプトの店はパリ以外に作るつもりはなかった。 けれど、いろいろとチャレンジしたいアイディアはたくさんあって、そのアイディアを海外で実現したいとずっと思っていました。そう思っていたときに、 僕のアイディアに興味をもってくれる日本の企業と出会って、この店をオープンしたのです」

クリストフ氏が実現したかったアイディアの一つが、この、“ヴィエノワズリー専門店”。ヴィエノワズリーとは、バターをたっぷりと使い、何層にも生地を折り込んだクロワッサン生地をベースとするパンのこと。オーガニックの最高の品質の材料を使って、伝統的な手法できちんと焼かれた ヴィエノワズリーだけを売る店をどうしても作りたかったそう。

「残念なことに、パリではもう30年も前から伝統的なクロワッサンを教えている学校がないのです。フランスには3万3000店のブーランジェリーがある。けれど、ヴィエノワズリーを手作りしているのはそのなかのたった15%の店だけです。私は伝統的なクロワッサンを作る方法を次世代へ繋げたいし、本物を海外の人たちにも知って欲しかった」

最高のパン、を求めてパリの「デュ・パン・エ・デジデ」を開店するときにも、理想とするパンを教えてくれる場所はどこにもなく、文献をひもとき、20世紀初頭のパン作りを独学で再現したクリストフ氏。材料はオーガニックにこだわり、ひとつひとつ手作りで作る手法と情熱は、この「リチュエル」でも変わりません。

008IMG_8986 「リチュエル」で使用する粉は北海道産の有機小麦ハルキラリ。卵は山梨の放牧卵、ミルクは千葉・大地牧場の牛乳を使い、「できるだけローカルでフレッシュなもの」にこだわっているそう。ただ、バターだけは「パリの店でも愛用するフランス産のA.O.C.バター、“パンプリー”がやっぱりおいしい!」とフランスから空輸して使用しています。

その厳選された材料で作った生地を通常より長い時間をかけて発酵させ、手で丁寧に成型し、フランスでも希少な石床式のオーブンでゆっくりと焼き上げられたヴィエノワズリーたちの美しいこと!000011IMG_8981 焼きあがったばかりの、日本限定版“マンゴーのエスカルゴ”をいただいたら、ザクザクッと小気味のいい歯ごたえがひびき、中のふわっとした生地からはバターと小麦のいい香りが立ち上がり、マンゴーの甘みと香りが後から追いかけてきます。おいしい~!!

「日本に来て印象に残った食材?そうだね、りんごの種類の豊富さとおいしさは本当に素晴らしいですね。『デュ・パン・エ・デ・ジデ』のショソン・ア・ラ・ポム・フレッシュも大人気なのですが『リチュエル』では、りんごの種類ごとに作ってみたいね。例えば、“ふじのショソン・ア・ラ・ポム・フレッシュ”、“紅玉のショソン・ア・ラ・ポム・フレッシュ”とか。ただ、オーガニックのものを一定量集めるのが難しそうだけどね」といたずらっぽく笑うクリストフさん。

いやー、それ、すごくいいアイディアです!クリストフさんのりんごの種類別のヴィエノワズリー食べてみたい。それを可愛い箱につめわせて、秋のりんごセット、なんてしたら きっと人気でるだろうな・・・。難しいけれど、ぜひ実現して欲しい!

いろいろといただいてみたのですが、おすすめは、“マンゴーのエスカルゴ” 790円02IMG_8983
“ショコラティン” 490円(パン・オ・ショコラ) 150930_20IMG_8982
“ル・サクリスタン”(左) 640円(グラニュー糖を織り込みながら伸ばしたパイ生地にカスタードを敷きこんで捻って焼いたパン) 04FullSizeRender (1) どれも、うっとりする贅沢な味わいです。
ちょっとゆっくりとしたい週末の朝は、「リチュエル」のヴィエノワズリーとカフェ・オ・レで、自分を癒す“プチ贅沢”なひとときを過ごしたい。 自由が丘に住んでいる人がうらやましくなる、そんな素敵なお店でした。

06_18A6030 リチュエル パー クリストフ・ヴァスール
(RITUEL par Christophe Vasseur)
住所:東京都目黒区自由ヶ丘2-9-17 1F
営業時間:月~金 10:00~20:00 土日祝 9:30~20:00
電話:03-5731-8041
URL:http://www.rituel.jp/

1 2

この記事は全2ページです。

LINEで送る
一覧へ戻る
GOLD最新号
詳しく見る
160205_cover

2016年3月号
定価840円(本体778円)

購入する
GOLD 編集部
@GOLD_hensyubu

GOLD 最新号情報

ページのトップへ戻る
© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.