Top > GOLDカルチャー担当 山路美佐の食べる、旅する、仕事する。 > ホテル・旅館 > 2016年春、アマンが伊勢志摩に 日本で二番目のホテルをオープン
LINEで送る

GOLDカルチャー担当 山路美佐の食べる、旅する、仕事する。

2015/08/04 UP 2016年春、アマンが伊勢志摩に 日本で二番目のホテルをオープン

LINEで送る

みなさんこんにちは。
今日はまた、ホテル界のビッグニュースをお知らせします。

今年の3月のオープンし、話題をさらったアマン東京に続き、 日本で二番目となるアマン、「アマネム」が 伊勢志摩国立公園内にオープンするというニュースが発表になりました。

「アマネム」が建設されるのは、真珠の養殖でも有名な、三重県、英虞湾沿岸。
リアス式海岸の入り江、穏やかな内海に浮かぶ多島美を望むその立地は サンスクリット語の平和を意味する「アマン」と日本語の「歓び」を意味する「ネム」 を組み合わせた「アマネム」という名前にふさわしい絶景を望む場所となりそうです。
Japan, Mie Prefecture, Ago Bay, Islands in sea, high angle view

©アマン

前のブログでも書きましたが、アマンのホテルが建つ立地に対する厳しいこだわりは、他のホテルと一線を画すほどの強さ。 その素晴らしい立地に建つホテルで、アマンでしか表現できない、その土地に根ざした文化的表現を宿泊しながら体験し、その土地の魅力にひたる・・・・。 それこそが、アマンに滞在し、経験できる素晴らしさなのです。 そんなアマンが、なぜ東京の次に選んだ土地が伊勢志摩なのか。個人的には 早くリゾートを取材して、その秘密に触れてみたい!

アマンCEOのオリヴィエ・ジョリヴェ氏が 「アマネムは、たぐいまれなロケーションに佇み、アマンの美学が特別な環境に 融合し、アマネムの魅力を際立たせています。」と語っていることからも、「アマネム」がいったいどんな場所に建つのか、今から早くも楽しみです。

そして、こちらの特徴は、なんといっても各部屋が温泉付ということ!! 数あるアマンリゾートのなかでも、温泉を有したリゾートはここだけ。 24室のスイートと4室の2ベッドルームのヴィラという こじんまりとした、空間で、訪れた人だけが特別な体験をできるとてもインティメイトな 場所になりそうです。

150731_yj_02

©アマン

また、併設のスパには、トリートメントルームやジムはもちろん、ワツ専用のプール、ヨガスタジオも。
ワツができるプールというのが個人的には興味大。伊勢神宮や熊野古道にも近い、神秘的な土地で、ゆっくりと精神をリラックスする滞在ができそう。

150731_yj04

©アマン

Kumano Kodo, Mie Prefecture, Honshu, Japan

©アマン

150731_yj_03

©アマン


2016年5月にはサミットの開催も決定している伊勢志摩。
来年は、ぐっと注目が集まりそうです。

LINEで送る
一覧へ戻る
GOLD最新号
詳しく見る
160205_cover

2016年3月号
定価840円(本体778円)

購入する
GOLD 編集部
@GOLD_hensyubu

GOLD 最新号情報

ページのトップへ戻る
© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.