Top > GOLDカルチャー担当 山路美佐の食べる、旅する、仕事する。 > ホテル・旅館 > 「アマン東京」が12月22日にいよいよオープン!
LINEで送る

GOLDカルチャー担当 山路美佐の食べる、旅する、仕事する。

2014/11/13 UP 「アマン東京」が12月22日にいよいよオープン!

LINEで送る

私のアマン滞在体験は、バリの「アマヌサ」「アマンキラ」「アマンダリ」の三軒だけなのですが、建築やその空気感の素晴らしさもさることながら、感動したのはやはり「完全なるプライバシーに配慮した作り」と、「きめ細やかなホスピタリティ」、「ここでしか味わえないドラマティックな体験」の三つでした。
どのリゾートの造りも、お散歩しているだけで本当に細かなところまで美意識が行き届いており、どこにカメラを向けても絵になるし、プライベートビーチに作ってくれた私たちのためだけのディナーのテーブルも、本当にロマンチックで・・・・・・。また、エクスカーションにある“ピクニック”は忘れられない体験でした。各リゾートが村の絶景ポイントにこっそりと設えた秘密のヴァレ(屋根つきの小屋)で、美しい籠にシャンパンとおいしい料理を詰めた非の打ちどころのない完璧なピクニックバスケットが手渡され、好きなようにくつろげるのです。洗練された冒険に、子供のようにはしゃぎました。

「来るアマン東京の開業を通して、アマンが再び『ラグジュアリー』の定義を一新します。プライバシーの確保、アマンならではの特別感、心地よい静けさ、パーソナルなサービスなど、これまでのアマンが継承してきたアマン独自のおもてなしが大都市で提供されるという新しいコンセプトは、東京から始まります。このコンセプトのもとで選ばれた経験豊かなスタッフによって開業準備が進められており、チーム一丸となってアマン独自の気風を保ちながら全く新しい都市型ホテルとして皆さまに御満足いただけますよう、努力してまいります」これは、現CEOのオリビエ・ジュリヴェ氏の言葉です。

東京の高層ビルの上にかけられた「アマン・マジック」。彼らが創りだす新しい『ラグジュアリー』が味わえる天空の非日常の空間でどんな体験ができるのか、今から待ち遠しくて仕方ありません。


アマン東京
東京都千代田区大手町1-5-6 大手町タワー
www.amanresorts.com

・宿泊お問い合わせ/アマン コンシェルジュサービス
TEL:0120-992-925(月~金)
E-mail:resevation@amanresorts.com

1 2

この記事は全2ページです。

LINEで送る
一覧へ戻る
GOLD最新号
詳しく見る
160205_cover

2016年3月号
定価840円(本体778円)

購入する
GOLD 編集部
@GOLD_hensyubu

GOLD 最新号情報

ページのトップへ戻る
© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.