Top > GOLDカルチャー担当 山路美佐の食べる、旅する、仕事する。 > > 軽井沢へ母娘でショートトリップ(2)
LINEで送る

GOLDカルチャー担当 山路美佐の食べる、旅する、仕事する。

2014/09/25 UP 軽井沢へ母娘でショートトリップ(2)

LINEで送る

「ホテルブレストンコート」のメインダイニング「ユカワタン」はホテルとは少し離れたところにあります。
バスの運転手さんに、声をかけて入口で下してもらい、小道を歩いていくと、その先に見えるのは緑の木々に囲まれた一軒家レストラン。

とても素敵な雰囲気です。
140916_yj_05_06 こちらのシェフ、浜田統之さんは、ボキューズ・ドール(フランス料理の国際大会)で日本人最高の三位を獲得した実力の持ち主。「ここでしかできない料理を」という信念のもと、食材はすべて信州のものを使い、(スパイスでさえ、ほとんど日本のものしか使われないそう!)美しく独特の料理を作られています。その料理を目指して国内のみならず海外からのお客様も絶えません。

入り口でお店の方に迎えられ、窓際の席に案内されてメニューの説明を受けます。
私たちが選択したのは15000円のコース。食前酒は8月下旬から9月にかけてのわずかな間にしか出回らない“川中島白桃”とシャンパンを割った「ベリーニ」をお勧めされ、迷わずオーダー。

するとまもなくテーブルに“食前酒とあわせてください”と登場したのは、こんな可愛い(!?)お料理。 140916_yj_07 地元の大やまめをパリパリにしたチップです。手で簡単に割ることができるくらいまでしっかりと揚げられています。

そして、「ユカワタン」名物のアミューズ。 140916_yj_08 左のいちじく生ハムから、右のトマト・チョコまで順番に食べていくと小さなコース仕立てになっているという仕掛け。左から三番目はなんと枝豆のスープ。口にいれるとぷちっとはじけてスープが流れ出ます。お料理一つ一つは小さいけれど、それぞれにきちんと仕事がされ、素材のおいしさを感じることができます。浜田シェフ自らがオーダーしたという丸い石にのった料理はさながら、この店の哲学を現した小宇宙のようです。

そして、私が一番今回のコースで感動したお料理、前菜の「鮎のカルパッチョ」。 140916_yj_09 鮎の身の下に敷いてある、コンソメで炊いた生姜を効かせたなすのピュレが、鮎とすごく合うんです。緑色のソースは軽井沢菜を使ったもの。浜田シェフのお料理は、和のエッセンスを上品にまとわせたフレンチだな、といつも思うのですが、和と洋が喧嘩することなく、お互いの良さを引き立ててどこにもない料理として登場。このひと皿ではまさにその真骨頂を味わうことができました。

140916_yj_10_11_12 そしてかぼちゃのスープに、お魚料理は信州サーモンのムニエル春菊のピュレ、お肉料理の信州牛のブロシェット(バラ肉、つくね、ロース)と続きます。

どれも見た目も美しく、もちろん美味しい。本当に様々な食材が登場し、あらためて信州の食の豊かさに驚くばかり。

デザートは、その名も“感動メロン”という名前のメロンのスープ。 140916_yj_13 甘くて香りがよくて、その名に嘘はなしの“感動”です。本当に信州は美味しいものがたくさんあるんですね・・・。

そして、そして、この後にテーブルに運ばれてきたのは・・・とってもかわいい、あるもの。
このサプライズは、来た人だけのお楽しみ、ということで写真の掲載は控えておきます。ぜひ現地で楽しんでください。

食後のお茶を飲んでゆっくりとくつろぐころにはおなかもいっぱいで大満足。コースの分量もたっぷりですが、母親もしっかり完食。「見た目もきれいだったし、何よりここにしかない食材をたくさんいただいて楽しかったわ」と喜んでくれました。

このレストランの素晴らしさの一つは、森の中でいただく雰囲気もふくめて、日本の豊かな自然の素晴らしさを強く感じられるということ。ああ、私たちの国は本当に美しい自然があり、豊かな食材に恵まれているんだなあという思いが、食事とともにしみじみと湧きあがってくるのです。そして、この地で自らが地域の生産者の方とともに、世界にその素晴らしさを発信している浜田さんの志はきっと、ほかの地方で頑張っているシェフたちの指標にもなるのではないかと思いました。

そんなシェフとお話をしていると、11月19日にパリでご自身の本を出版されるとのこと!それにあわせてシャンパーニュ地方の星付きレストラン「レ・クレイエール」でのフェアが決定し、パリでもフェアを予定されているそうです。フランスで向こうのシェフとフェアをやるのは初めてとのこと。素晴らしい!
おしゃべりも楽しく、すっかり最後のお客となってレストランを後にしました。

ブレストンコート ユカワタン
住所:長野県北佐久郡軽井沢町星野
TEL:0267-46-6200
営業時間:ディナー 17:30~
URL:http://yukawatan.blestoncourt.com/


NEXT>>3 「8月と9月の二ヶ月間だけオープンする「桂乃茶や 招福楼へ」に続く


Back<<1「丸一日のショートトリップは天空のカフェからスタート」に戻る

LINEで送る
一覧へ戻る
GOLD最新号
詳しく見る
160205_cover

2016年3月号
定価840円(本体778円)

購入する
GOLD 編集部
@GOLD_hensyubu

GOLD 最新号情報

ページのトップへ戻る
© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.